おひさま原っぱニュース

タイトル

雪がちらちら舞い始め、ふわっと白いゆきむしが緑地にとびかっています。てんとうむしも、蟻も、だんごむしも、姿をけしました。こどもたちは、あいかわらず石を持ち上げて、なんかいないかなー、とさがしています。蟻さんどこにいるの?土の中のおうち!なんで?寒いから、あったかいところがいいんだって!当分、緑地の虫たちはなりをひそめ、叢はしずかになります。でも、それをおぎなってあまりあるこどもたちの賑やかさ、ときおり散歩している犬たちも一緒に、冬なんて関係ない!とかけまわっています。

タイトル

<今月のうた>

      ヤッター!サンタがやってくる

1,2 サンタクロースィズ カミン(カミン)

    サンタクロースィズ カミン(カミン)

       ぼくらのほいくえんにサンタがやってくる

    (おみやげいっぱいかついで サンタがやってきた)

 

    ヤッター!(ヤッター)ラララン(ラララン

   ヤッター!(ヤッター)キャッホー!(キャッホー)

   ほんとにサンタがくるなんて

    ウッソー ゆめみたい

タイトル

☆ 今回で2度目の「アトリエ」です。朋子先生ともおなじみになり、とても楽しみにしていた2,3歳児。今度はタイルをつかった造形です。タイルを両面テープで段ボールに貼るのが意外にむずかしく、まず最初の難関です。タイルにマジックでいろんな模様をかき、その上に絞り出したボンドにビーズをのせる、なかなかこまかい作業が必要です。ちょこっ、ちょこっ、とだしたボンドに一つずつていねいにビーズをのせる子、盛り上げたボンドのうえに、ビーズをこれまた無造作にボンボンおいていく子、こんなところにも性格があらわれます。おひさま原っぱのまえに経験したちろりんさんでは、おもったよりビーズを使わず、残っていた、というはなしでしたが、ハハハ・・おひさま原っぱのこどもたちは、分けてもらったビーズをほとんど使い切りました。残しちゃもったいない、とおもったのか

隣の器にちょっとのこっていたのもいただき、テーブルに落ちていたのも丹念に拾って、一粒の無駄もありません、大したもんです!段ボールに絵具を塗って完成まで、1時間ちかくかかったでしょうか、いつもなら飛んだり跳ねたり、いたって落ち着かないこどもたちも、信じられないくらいの集中力です。それだけ面白かったんでしょうね。出来上がりもいたって個性的、楽しい作品になりました。午前中、シーンと静かに集中していたこどもたち、長続きはできず、はめをはずしすぎて、叱られることの多い午後でしたが、1月にはまた朋子先生の「アトリエ」を首をながくしてまっています。

12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637383940414243444546474849505152535455565758596061626364656667686970717273747576 7778798081