おひさま原っぱニュース

タイトル

久しぶりの大雪でした。積もった雪の分だけ道が高くなって、橋の欄干がウェストのあたりになってしまいました。なんとなく落っこちそうな気がします。

雨を手に受けて飲んでみようとは思いませんが、雪ってなんだか、食欲をそそります。宮澤賢治の詩ではありませんが、松の枝に積もった雪をひとすくい食べてみました。

そうそうこの味、こどものころ、密かに食べたあの味です。

真っ白な見た目のようにきれいではありませんから、真似しちゃだめですよ!

タイトル

<今月のうた>

     雪やこんこ

1 雪やこんこ あられやこんこ

  降っては降っては ずんずんつもる

  山も野原も 綿帽子かぶり

  枯れ木のこらず 花が咲く

 

2 雪やこんこ あられやこんこ

  降っても降っても まだ降りやまぬ

  犬はよろこび 庭かけまわり

  猫は こたつでまるくなる

タイトル

☆ 雪がいっぱい降って、原っぱは雪原と化しました。雪遊び用の支度に身を固め、原っぱにくりだしました。こどもたちにとっては、多分うまれてはじめての大雪ではないかしら!まるで子犬のように、大喜びで、雪の中をはしゃぎまわるこどもたち。そりですべる子、雪かきをひっぱってまわる子、雪の中をぐんぐん歩いていってしまう子・・・日頃、幼いなぁ、頼りないなぁと思うことの多いこどもたちですが、雪のなかではなかなかたくましくみえます。

そりすべりなんて、ほんとに上手でびっくり!つめたいよー、と

いう文句が聞こえそうなものなのに、思い切り雪にさわっても平気な顔してましたもんね!いやぁ、たのしかった!!あ、いたいた、泣いた子が!寒いの苦手な、1歳のおちびちゃん。そりにのって大きな口あけて泣いちゃったけど、次には大丈夫だよ、きっと。

当分、雪が残っていそうだから、まだまだ遊ぶことができそう・・・

ザンビアのパンディちゃんがいたら、どんなに喜んだかしら、そんなことも思ってしまいました。

1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738394041424344454647484950515253545556575859606162636465666768697071727374 75767778798081828384858687