おひさま原っぱニュース

タイトル

ことしの保育園は明日で終了。昨日あたりから、ぽつぽつとお休みの子もいて、いつになく静かな保育園です。今日は雨模様でお散歩に行くことができず、それぞれのクラスが、それぞれに過ごしていました。2歳さんは粘土、1歳さんはままごとをしたり、新聞紙を丸めたりちぎったり・・・。人数が少ないので先生ともいつもよりもっと密に遊ぶことができて、満足そうなこどもたち!自分が一番甘えたい、かまってもらいたい・・・おかあさんを独り占めしたいのとおんなじことで、小規模で人数がすくなくてもやきもちを焼いたり、自分をアピールしたり、こどもたち、結構やってます。抱っこされたり、一生懸命のおしゃべり(聞き取りにくいんです!)を、そうなの、うんうん、と聞いて受け答えしてもらうのは、ほんとにうれしいことなんですね。年末年始のお休み、ご家族のふれあいタイムを大切に、楽しく過ごしてくださいね。(甘やかしにならない程度にね)新しいとしに、笑顔で戻ってくるのを待ってますよ!

タイトル

年末とは思えないあたたかさ、雪もないのにサンタクロース、きてくれましたよ。ぎりぎりまで、あやうい人はいたものの、みんなサンタクロースからプレゼントをもらい、うたったり、おどったりの楽しいときをすごしました。ヨンタさんじゃなくて、ほんとによかったね!12月に入って、クリスマスの絵本をいっぱい出してきたのですが、今年はあまり興味がわかなかったみたい。“あきのはやしにふるふるふるよ・・・“の「どんぐりずもう」がかわらぬ人気で、紙相撲ならぬブロック相撲の、箱をとんとんとんたたく音が毎日きこえています。クリスマスの製作もずいぶんしたし、カレンダーにしるしをつけて、楽しみに待ってはいたのですけれど、今ひとつ盛り上がりに欠けたのは、こどもたちの年齢のせいかもしれません。そうそう、サンタクロースの証拠写真を幼稚園にもっていったKちゃん、こんなことをいっていました。「サンタクロースはね、来たんだけど、なんと園長先生だったのよ!」と残念そうな口ぶり、「そうか、おひさま原っぱのサンタさんは本物だったのにね」「そう!」遠いところから、はるばるきてくれたおひさま原っぱのサンタさん、また来年もよろしくおねがいしまーす!

       写真は来週、掲載します。

タイトル

はやばやと雪が降ったかと思えば、1ヶ月も後戻りした暖かさ、どうなっているのでしょう?風邪もひくわけですよ!・・・もうあとわずかで今年もおしまい、何かとあわただしい時期ですね。今週はクリスマス会もあったりして、余計にせわしない気分になります、まぁ、こどもには関係ないことで、目下の関心はサンタクロースの赤いノートに名前がのっているかどうか、でしょうかね。もしかして、黒いノートに名前があったりしたらさぁ大変、伝説のヨンタさんがやってきて袋に入れられちゃうというのですから・・・。いまのところ、ちょっと心配なひともいないじゃない、ということですが、サンタクロースの来る日までにはきっと赤いノートの方に、しっかり名前がのると思います。幼稚園も年長クラスともなれば、サンタクロースに疑いをもつ子も増えてきます。サンタクロースなんていないよ!これに猛反撃したのは卒園児のKちゃん。絶対いるよ、わたし会ったもの!保育園のクリスマス会、サンタクロースと一緒の写真を証拠に持っていったんですって、かわいいねぇ!・・・もうしばらくは信じていてね。大きくなっても信じていた頃の思い出は、きっとキラキラしてると思うよ。さぁ、おひさま原っぱのこどもたち、もうすぐサンタさんに会えるかな?

1234567891011121314 15161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081