のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園


自然に触れ、自然を感じて、思いきりからだを動かすことによって心身ともに健康なこどもに育って欲しいと願っています。
保育園の名前は、ぐりとぐらの作者、中川李枝子さんの作品のひとつ「おひさまはらっぱ」からいただきました。
自然がいっぱい、のんびりした時間が流れる陽だまりのような“おひさま原っぱ”にみんな、遊びに来てください。

2018-05-18 笛吹童子


暑い日が続きました!今日は朝から雨降りで、また涼しくなりましたが!、この温度変化が風邪のもと、気を付けましょうね。
この間植えた胡瓜の苗、風が強すぎたのか、一本根元近くで折れそうになっていました。いそいで折れたところをテープで補修し支柱をたててやったら、どうやらよみがえったようです!
これから実がなったりして、重みがかかったらどうなるのか、ちょっと心配です、もっとしっかりと補修した方がいいのかもしれない・・・!トマトも毎年、カラスに横取りされるからネットをかけた方が安心だし、無事にみんなの口にはいるまで、気がかりが続きそうです。
あ、ちょっと貧弱ですが、蓮華の花、咲きました!もうすこし花数が増えたら、ごらんにいれますね!
2,3日前、すっかり太くなったイタドリの茎を取ってきました。適当な長さに切って笛をつくろうというわけです。素敵な音楽が奏でられる、にはいたりませんが、それでもピーピーとよくなります。太い茎でつくったので、低い、大きな音がします。
2歳児諸君もやってみたくてしかたがないので、ちょっと練習してみました。唇にこうあてて、アッ、くわえちゃダメ、ダメ、
うえからフーってしてごらん、しばらく練習した結果、吹けたんですよ、ピーッ、って!こどもたちもびっくりしたみたいですけど、教えた方もビックリ、まさか音がだせるなんて思わなかったものですから!とりあえずおうちにおみやげにしました。
すぐに飽きてしまうかもしれない、とはおもいますが、こんな笛があったこと、記憶のそこにしまっておいてくれると、うれしいな!!

2018-05-11 青空と川と風と


久しぶりの晴れです。
懸案事項になっていたトマトと胡瓜の苗も植えることができました。
ここをこう押さえて、穴の中に入れて、土をかけて・・・
緊張します!思わず葉っぱをむしってしまった人もいたけれど
無事植え付け終了、楽しみにしていた水やりもできました。
おいしい実がなるといいね!
そのあとは久しぶりに川にいきました。
柳の綿毛もまだ飛んでいて、川はおひさまにきらきら光ってとてもいい気持ち、

石投げをしたり、白い石(書けます)を拾ったり、のんびり遊んできました。
まりせんせいが「あっちのほうにいってみよう」と誘ってくれたので、みんなでついていくと
なんと行き先は川の中の大きな石の上、ころばないように
恐る恐る石を伝って、渡っていきました。
手を水に浸したり、ながれてくる葉っぱを眺めたり、すてきなお散歩でした、

川のもっと先には、もっと大きい石があるんだけど、それは夏になってからのお楽しみ、かな。
すっかり草丈が延びて、迷子になりそうな原っぱをグングン超えて帰ってきました。みんなも草に負けないくらい大きくなっていましたよ!

もっとおひさま原っぱニュースを見る