のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園


自然に触れ、自然を感じて、思いきりからだを動かすことによって心身ともに健康なこどもに育って欲しいと願っています。
保育園の名前は、ぐりとぐらの作者、中川李枝子さんの作品のひとつ「おひさまはらっぱ」からいただきました。
自然がいっぱい、のんびりした時間が流れる陽だまりのような“おひさま原っぱ”にみんな、遊びに来てください。

2013-06-04 タイトル


<今月のうた>

     雪やこんこ

1 雪やこんこ あられやこんこ

  降っては降っては ずんずんつもる

  山も野原も 綿帽子かぶり

  枯れ木のこらず 花が咲く

 

2 雪やこんこ あられやこんこ

  降っても降っても まだ降りやまぬ

  犬はよろこび 庭かけまわり

  猫は こたつでまるくなる

2013-06-04 タイトル


☆ 何年か前には、百人一首をしたこともあったけど、いまはねぇ・・・。お正月らしい遊びを教えたくてもこれがなかなむずかしいんですよ。そこで、アイディアマン(?)の聡子先生が持ってきたのが、紙の杵!お餅色のタオルケットを入れてペッタンペッタン。こどもたちはおおよろこび、盛り上がっていましたよー。つきあがったお餅(お手玉)をおいしそうに食べていました。

☆ そうそう「七草」の行事もやったんですよ。ななくさなずな、とうどのとりが、にほんのくにに、わたらぬさきに・・・のうたをうたいながら、ひとりずつ包丁でトントンたたきました。七草はさっとゆがいて、ごはんの中に。きれいな緑のごはん(ほんとはお粥なんだけど)おかわりして食べたから、今年はきっと元気いっぱいだね!

☆ 雪がふりました。さらさらの雪で小さな雪だるまをつくってもらいました。窓にむきあった雪だるま、今日はちょっとやせてしまいました。

もっとおひさま原っぱニュースを見る