のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園


自然に触れ、自然を感じて、思いきりからだを動かすことによって心身ともに健康なこどもに育って欲しいと願っています。
保育園の名前は、ぐりとぐらの作者、中川李枝子さんの作品のひとつ「おひさまはらっぱ」からいただきました。
自然がいっぱい、のんびりした時間が流れる陽だまりのような“おひさま原っぱ”にみんな、遊びに来てください。

2013-06-04 タイトル


久しぶりの大雪でした。積もった雪の分だけ道が高くなって、橋の欄干がウェストのあたりになってしまいました。なんとなく落っこちそうな気がします。

雨を手に受けて飲んでみようとは思いませんが、雪ってなんだか、食欲をそそります。宮澤賢治の詩ではありませんが、松の枝に積もった雪をひとすくい食べてみました。

そうそうこの味、こどものころ、密かに食べたあの味です。

真っ白な見た目のようにきれいではありませんから、真似しちゃだめですよ!

もっとおひさま原っぱニュースを見る