のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園


自然に触れ、自然を感じて、思いきりからだを動かすことによって心身ともに健康なこどもに育って欲しいと願っています。
保育園の名前は、ぐりとぐらの作者、中川李枝子さんの作品のひとつ「おひさまはらっぱ」からいただきました。
自然がいっぱい、のんびりした時間が流れる陽だまりのような“おひさま原っぱ”にみんな、遊びに来てください。

2013-06-05 タイトル


☆ あぁ、おわっちゃたね…。まだ明日も保育園あるからね、またあした!!って言えなくなったね。お別れ会、とても楽しかったです。(みんなちょっと緊張していたけど)いつもはこどもたちだけでもらう「保育証書」、ことしは家族みんなで受け取って、パパやママの一言もありました。いつもやっている保育の流れのなかの、オールスター総出演の劇遊び(「てぶくろ」です)やダンス、歌、みんな上手でしょう?「てぶくろ」のどうぶつ、じぶんで選んだんですか?と、びっくりしていた方もいらっしゃいましたけど、みんな自分でちゅうちゅうねずみだの、のっそりぐまだの、って選んで、お面もつくったんですよ。

だんご3きょうだいのダンスはいつみても笑っちゃいます、面白かったでしょ!こどもたちの出番がおわり、みんなで食べた大きなおにぎりもおいしかったですねー。いやぁ、楽しかった!

今週は、やっぱりどこか違う雰囲気でした、最後の〇〇、がたくさんあって、いやでももうお別れなんだ、という気持ちになります。一度家にかえったHちゃんが、保育園にかえるー、と大泣きして戻ってきたことも・・・。抱きしめて慰め車に乗せたのに、また車の窓からタッチタッチタッチと手を伸ばされ、なんだかこちらまで涙がでてきました。新しい幼稚園、保育所に不安をかかえているだろうこどもたち、たくましくなって遊びにおいで、待ってるから!そして2歳児クラスのみんな、頼むよ!おっぱいのんでる場合じゃないよ!さぁ、またがんばろう!!

もっとおひさま原っぱニュースを見る