のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園


自然に触れ、自然を感じて、思いきりからだを動かすことによって心身ともに健康なこどもに育って欲しいと願っています。
保育園の名前は、ぐりとぐらの作者、中川李枝子さんの作品のひとつ「おひさまはらっぱ」からいただきました。
自然がいっぱい、のんびりした時間が流れる陽だまりのような“おひさま原っぱ”にみんな、遊びに来てください。

2013-06-04 タイトル


2月の初めの日は ぽかぽかあたたかい日差しが春のような一日になりました。道路の端にはまだ雪がのこっていますが、そりすべりをしたあたりには、もう草が青々とはえています。

だいぶ日が長くなりました。まぶしい光がさしこんで、窓際につるしたプリズムが、壁にきらきらの虹をつくっています。

もっとおひさま原っぱニュースを見る