のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園


自然に触れ、自然を感じて、思いきりからだを動かすことによって心身ともに健康なこどもに育って欲しいと願っています。
保育園の名前は、ぐりとぐらの作者、中川李枝子さんの作品のひとつ「おひさまはらっぱ」からいただきました。
自然がいっぱい、のんびりした時間が流れる陽だまりのような“おひさま原っぱ”にみんな、遊びに来てください。

2013-06-05 タイトル


☆ ちびさんばかりになってどうしようか、と思ったのですが、ことしも“お花見”実行!

お花見とは名ばかりで、花より団子、外でお昼ご飯をたべてくるのが主な目的ですけどね。あったかくて、おひさまが気持ちよくて、ダンゴ虫にあそんでもらって(?)みんなごきげん。原っぱにみんなで座って、お弁当たべるのも新鮮でなんだかいつもと違う・・・パクパク、モリモリ、いっぱい食べちゃった。海苔のおむすびがはじめてだったり、胡瓜を保育園につくまでもぐもぐしてた子もいたけど、みんなまたお外でお弁当食べたいんだって。よーし、また今度、おべんともってこようね!

☆ カレンダーをつなげたながーい紙、ヘリポートにもっていってみんなでカキカキ!

お弁当を食べた時のことをおもいだして、きちんと靴をぬいでシートにあがっていたお利口さんたち、シートに寝そべって気持ちよさそうにクレヨンを動かしていました。

もっとおひさま原っぱニュースを見る