のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園


自然に触れ、自然を感じて、思いきりからだを動かすことによって心身ともに健康なこどもに育って欲しいと願っています。
保育園の名前は、ぐりとぐらの作者、中川李枝子さんの作品のひとつ「おひさまはらっぱ」からいただきました。
自然がいっぱい、のんびりした時間が流れる陽だまりのような“おひさま原っぱ”にみんな、遊びに来てください。

2013-06-05 タイトル


いつのまにか、つつじの季節になりました。はなみずきも、つばきも満開です。ようやくあたたかくなってきました。

赤ちゃんたちもベビーカーにのって、おさんぽできるようになりました。あたたかい日差しに、思わず眠くなってしまうこともありますが、気持ちよくおしゃべりしながら、カタコトとベビーカーに揺られ満足そうなちびちゃんたちです。土手にはからすのえんどう、ぶたな・・・たんぽぽはそろそろ綿毛になって、ようやく春本番。まだまだ、初夏というには肌寒い今年ですが、空はきれいな青、とんびが大きく輪をかいています。

もっとおひさま原っぱニュースを見る