のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園


自然に触れ、自然を感じて、思いきりからだを動かすことによって心身ともに健康なこどもに育って欲しいと願っています。
保育園の名前は、ぐりとぐらの作者、中川李枝子さんの作品のひとつ「おひさまはらっぱ」からいただきました。
自然がいっぱい、のんびりした時間が流れる陽だまりのような“おひさま原っぱ”にみんな、遊びに来てください。

2013-06-05 タイトル


毎年、この時期にきこえていた鶯のこえが、今年はしません。

地下鉄工事がはじまってからも、決まって同じ季節、同じ方向からきこえていたのにね。もっとはやい、鳴きはじめの、まだ練習中!といった感じの、下手なさえずりもご愛嬌だったのに・・・

鶯一家のテリトリーがいよいよなくなってしまったのでしょうか、ちょっと寂しいです。 

梅、桜、木蓮、沈丁花、馬酔木、椿、雪柳・・・一斉に咲きだした花々がのどかな春、自然界でも人間界でも、なにやかやと事多いこの頃ですが、平和な春が、やっぱり一番ですよね・・・!

もっとおひさま原っぱニュースを見る