のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園


自然に触れ、自然を感じて、思いきりからだを動かすことによって心身ともに健康なこどもに育って欲しいと願っています。
保育園の名前は、ぐりとぐらの作者、中川李枝子さんの作品のひとつ「おひさまはらっぱ」からいただきました。
自然がいっぱい、のんびりした時間が流れる陽だまりのような“おひさま原っぱ”にみんな、遊びに来てください。

2013-06-05 タイトル


☆ さむくなったり、あったかくなったり、ついていくのが大変な日々!でも、たまにはぴっかぴかのいい天気が続くこともあって、ほっと一息です。昨日はそんな日、ペットボトルに水をつめて、原っぱへGo!!水をまいて、泥んこ製造、どろどろにちゃにちゃの中にとびこんだり、バケツに入れて、もっとどろどろにしてみたり、思い切り泥の感触を楽しみました。お互い様に、泥をはねらかしたり、人の上にたらしたり、きれいな服がたちまちきれいじゃなくなりましたけど・・・去年、上から下まで茶色の塑像に変身していたRちゃんは、適度な遊び方を習得したらしくつつましくあそんでいましたが、新1才児は恐れ気もなく泥のなかにとびこんでいましたから、やっぱり1年たつと成長するんですね!

2013-06-05 タイトル


1.壁のくまさんたち、初夏をたのしんでますね!

2~5.砂遊び、もしくは泥んこ遊び

もっとおひさま原っぱニュースを見る