のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園


自然に触れ、自然を感じて、思いきりからだを動かすことによって心身ともに健康なこどもに育って欲しいと願っています。
保育園の名前は、ぐりとぐらの作者、中川李枝子さんの作品のひとつ「おひさまはらっぱ」からいただきました。
自然がいっぱい、のんびりした時間が流れる陽だまりのような“おひさま原っぱ”にみんな、遊びに来てください。

2013-06-06 タイトル


☆この頃、いい天気が続いて外遊びには最高です。地面に幾つも開いた蟻のすみかにかがみこんでほじくってみたり ・・・。自分で探すのがこわいから、ねえねえここにいるんじゃない?と、石をひっくり返すのを下請けにだすRくん、この間、からだに蟻がよじのぼってきて大騒ぎしてましたっけ。Hくんは蟻さんの巣の上にすわってしまい、数匹が圧死。てんとう虫をみると袋に入れたがる人もいて、いずれにしても、こどもたちが遊びに行くと原っぱの虫たちは迷惑顔しているかも!☆保育園の建物は、いま外壁工事の真っ最中。足場をくんで青いネットをかけ、すっかり工事現場に様変わりしています。部屋のなかもネットの色うつして碧くみえます。夏によくやる、海の中ごっこをしたら楽しそうスイミーごっこ、とかね。でもそれは、もうちょっと先!今は足場のうえを通っていくおじさんたちの足に興味津々のこどもたちです。

≪今月のうた≫ 
あめふりくまのこ
1.おやまに あめが ふりました
あとから あとから ふってきて
ちょろ ちょろ おがわができました
2.いたずらくまのこ かけてきて
そっと のぞいて みてました
さかながいるかと みてました

☆だいぶ間があいてしまいました。ごらんのとおり、HPが新しくなりました。前のものは、すっかりおなじみになって、たくさんの方にみていただきましたが、新しいHPもよろしくおねがいいたします。老眼もOKの大きな字で見やすくなったでしょう?緑地にはいま、白い野ばらがさいています。いたどりは見上げるほどに背がのび、大きな葉っぱはこどもたちの格好のおもちゃになっています。太い茎を切って、乾燥させているところ、笛をつくっておかなくちゃ。たんぽぽみたいなぶたな(フランス語ではぶたのサラダ)の綿毛、こどもたちがふーっとふいてます。ふーっとするのはなかなかむずかしいけれど、飛ばしたつもりで、わぁーっ、と空をみあげる子の、笑顔がとてもかわいいですよ。

2013-06-05 タイトル


風が吹くとタンポポの綿毛が飛び交うはらっぱです。さまざまな濃淡の緑に、山も街もおおわれているような5月、川向うのがけには藤の花が揺れています。 どこからか甘いかおりが漂うのはニセアカシア?それぞれの季節、「いまが一番いいとき」とおもいますが、新緑はまたひとしお、だね!

もっとおひさま原っぱニュースを見る