のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園


自然に触れ、自然を感じて、思いきりからだを動かすことによって心身ともに健康なこどもに育って欲しいと願っています。
保育園の名前は、ぐりとぐらの作者、中川李枝子さんの作品のひとつ「おひさまはらっぱ」からいただきました。
自然がいっぱい、のんびりした時間が流れる陽だまりのような“おひさま原っぱ”にみんな、遊びに来てください。

2013-10-26 タイトル


久しぶりにとおった道に、からたちが実っていました。北原白秋の詩の通り、「からたちも秋はみのるよ、まろいまろい金の玉だよ」です。雨が続いたせいか、金色がすこしくすんではいましたが・・・。するどいとげがある上に結構高い位置に実っているので、手に取ってみることはできませんでした、どんな手触りなのか、どんな香りなのか、確かめてみたいのにね!すこーしだけ、秋が深まってきた感じです。

☆ こどものカレンダー

このあいだ、2度目の造形教室がありました。今度は粘土遊びです。本物の、大きくて黒い土粘土、一つ20キロもあるんだって!針金で、カットしたけれど、こねるのも重労働の粘土です。粘土のかたまりに乗っかって、いちに、いちに、と踏んずけたり、ぴょんぴょん飛んだりしてようやく柔らかくなった粘土を丸めて、重ねて、また伸ばして、こどもたちは真剣。特別参加、1才児クラスのH君も頑張ってやってましたよ。ようやくいい感じになったところで、魔法のスープを刷毛につけて、ペタペタペタペタ、真っ白になった粘土に竹串で模様をつけて、見事に出来上がりました。朋子先生が、持って帰ってやいてくれるんだって!陶芸家になったみたいだね。出来上がりが楽しみだ!まぁ、写真をご覧くださいな。

 

 

 

2013-10-22 タイトル


ついこのあいだの暑さが嘘のように、急に温度がさがりました。朝など、息が白くみえます。冷房から、一気に暖房へ!やっぱり夏と冬が主流になるのかしら?おまけに台風の多いこと!いやぁ、世の中どうなっちゃうのやら・・・。地震、台風、竜巻・・・災害列島、ですか、でも、世界中、おかしくなってますよね!穏やかな生活が、夢物語になることがありませんように。広瀬川では鮭の遡上が始まっています。

★ ウォークラリーと芋煮会開催!楽しかったですよー。現役の保育園児と家族、卒園児とその家族、あわせて、エーと何人ぐらいいたのかな?いつものお散歩コースで、木登り、川遊び、砂遊び・・・親子一緒に大騒ぎしてあそんだ後は、醤油味の山形風、味噌味の仙台風、大きな鍋三つの芋煮が待っています。大きなおむすびに、たっぷりの芋煮を堪能して、また遊び・・・おとなもこどもも大満足。昨日まで、一緒に遊んでいたんじゃないか、と勘違いするほど、違和感なく溶け込んでいる卒園生(すっかり大きくなって、ガールズトークを楽しんでいた5年生もいて)に刺激されて、おちびさんたちもいつもよりもっと激しい遊び方をしてました。ほんと、楽しかったですよ!また、来年みんなで集まろうね!た・の・し・み!

 

もっとおひさま原っぱニュースを見る