のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園


自然に触れ、自然を感じて、思いきりからだを動かすことによって心身ともに健康なこどもに育って欲しいと願っています。
保育園の名前は、ぐりとぐらの作者、中川李枝子さんの作品のひとつ「おひさまはらっぱ」からいただきました。
自然がいっぱい、のんびりした時間が流れる陽だまりのような“おひさま原っぱ”にみんな、遊びに来てください。

2013-12-23 タイトル


冬至も過ぎ、さぁ、これからは少しずつ日が長くなるのね。まだまだ、なかなかですけど、日が長くなるって考えただけで、ほっとしませんか?この間、植え込みの中で、すてきな木の実をみつけました。長い柄のさきに五つに割れた実があって、中からまっかな種がのぞいています。“つりばな”っていうらしいですよ。落ちた実を拾い集め、細いガラスのカップに入れてみました。いいですよー!仙台駅の近く(あっ歩道橋のほうです)にも、似たような実がありますが、あれは“まゆみ”。いろいろな種類のあかい実が、冬を彩っています。

☆ 今日はクリスマス・イブ。来るかしら?サンタクロース!サンタクロースのチェックノート(赤と黒があるんですけど)、いまだに赤になれないこまったちゃんが約2名、もう後がないよ、今日黒だったらどうしよう・・・こっちの方がドキドキです。さすがに当事者も今日は真剣で、身じろぎもせず、じっと結果を待っているHくん、あごの下で手を組んで、おいのり(?)しているAちゃん・・・・聡子先生が赤いノートを入念にチェック・・・あった!“やったぁ、ばんざーい、はくしゅー”これでやっと全員プレゼントもらえるね、ほっ!というわけで、みんな無事にサンタクロースにプレゼントもらうことができました、めでたしめでたし!人見知りで泣き出す子も、きょうは泣かずにプレゼントをもらうことができました。でも緊張のあまり、こわばった顔、顔、にこりともしない証拠写真をごらんください、ね!おやつのときには(手作りの米粉の蒸しパン、寄付していただきました)ようやくいつもの賑やかさを取戻し、そのあとは緊張からの解放からか、やたら意地悪だったり、うるさかったりしてましたけどね。

 

2013-12-10 タイトル


緑地がだんだん黄色く色づいてきました。中州の柳の大木も黄葉して、風が吹くと金色の雨が降り注ぎます。はじめ金色のことりがいっせいにとびたったのかと錯覚したほど、それは見事な眺めでした。鮭のいなくなった川で鴨の家族が遊び、時に白鷺がおりてくる、初冬の広瀬川・・・

こどものカレンダー

☆ バザーとオープンハウス、無事おわりました!今回はいつもに比べると少し寂しい・・・なにしろ、卒園児の通う幼稚園、保育園の行事とばっちりかちあってしまったものですから!でもまぁ、その分じっくりと制作ができたり、おしゃべりをたのしんだり、いいこともありましたけどね。次の機会にはなつかしい顔をもっとみることができたらいいな。ともあれ、今回もバザー大成功!おかげさまで!

☆ クリスマスシーズンがやってきました。サンタクロースの特別捜査員の小人たちがやってきて、いい子、悪い子チェックのノートも届いて、こどもたちは戦々恐々。ぐずぐず、意地悪、泣き虫に、いばりんぼ、そのほかチェック事項が色々あるものですから・・・。脛に傷持つ身はちょっと引き気味?サンタクロース、くるといいね!

もっとおひさま原っぱニュースを見る