のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園


自然に触れ、自然を感じて、思いきりからだを動かすことによって心身ともに健康なこどもに育って欲しいと願っています。
保育園の名前は、ぐりとぐらの作者、中川李枝子さんの作品のひとつ「おひさまはらっぱ」からいただきました。
自然がいっぱい、のんびりした時間が流れる陽だまりのような“おひさま原っぱ”にみんな、遊びに来てください。

2015-04-02 タイトル


今月のうた

   ちょうちょう ちょうちょう なのはにとまれ

   なのはにあいたら さくらにとまれ

   さくらのはなの はなからはなへ

   とまれやあそべ あそべやとまれ

☆ なんとまあ、桜がさきましたよ!はやいですねぇ!こんなに早いのも珍しいんじゃないですか!桜の下での入学式なんて、昔は考えられなかったものですが、これも温暖化の影響でしょうか!

4月になって、また新しい年度がはじまりました。大きい子たちがいなくなって、保育室が急にひろくなりました、飛んだり跳ねたりも迫力がない、というより飛んだり跳ねたりする子がいなくなったんですね。パタパタパタ、よちよちよち、ちょこちょこちょこ、こんな感じ、かな?新入りさんの泣き声もにぎやかで、いつもの4月の光景です。みんながちっちゃくて、ちんまりまとまっているものだから、原っぱにでても、ちっとも目立たない、1年後にはどうなってるのかな、存在感のある、たくましい幼児になっているかな、楽しみだなぁ!

 

 

 

2015-03-28 タイトル


春がきた、と実感できるようなうららかな日和、暖かい日差しにほっと安らぐ今日は、おひさま原っぱの卒園式でした。2才児クラス5人、3才児クラス2人、ひさしぶりに七人ものこどもたちを送り出す今日。この1週間はこれが最後とばかりに、あそびにあそんだ毎日でした。その合間に卒園式の練習もしてきたのですが、さて本番どうかしら?わたしたちの心配をよそに本当に立派でした!いつもと同じように元気いっぱいの歌、終了証書をもらうときにもまっすぐに立って、ありがとうっていうことができたしね、みんな、かっこ良かったよ!この子たち、ほんとに2才児クラス?3才児クラス?って思っちゃったよ!あんまり素敵で涙がでちゃう!なごやかで、たのしくて、いい会だったなぁ、とおもいます。できることなら来週もおんなじように、みんなが登園してきて散歩に行ったり、遊んだりできたらいいのにね。若草物語のジョーのセリフじゃないけれど、みんなのあたまにアイロンをのっけて、大きくならないようにしておきたくなってしまいますよ。大きくなったなぁ、立派になったなぁ・・・つくづく思います。歌って、踊って、みんな揃ってご飯もたべて、和気あいあいの2時間。ちびちゃんたちもよくがんばったね。また会えますように、新しいところで元気に過ごすことができますように・・・

 

もっとおひさま原っぱニュースを見る