のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園


自然に触れ、自然を感じて、思いきりからだを動かすことによって心身ともに健康なこどもに育って欲しいと願っています。
保育園の名前は、ぐりとぐらの作者、中川李枝子さんの作品のひとつ「おひさまはらっぱ」からいただきました。
自然がいっぱい、のんびりした時間が流れる陽だまりのような“おひさま原っぱ”にみんな、遊びに来てください。

2015-10-31 タイトル


寒くなりました!日暮もだんだん早くなって、冬がそこまで来ている感じです。朝出かけるときも、ふーっとはく息が白くて、手がかじかんで、自転車に乗るときにも気合が必要になってきました、なんてそんなことを言うのはまだまだ早いんですけどね。でも陽射しのあたたかい昼間は、体中がゆるんで、ひなたぼっこのなんて気持ちのいいこと!この温度差が風邪のもと、皆さん、ごようじん、ごようじん!

天気はどうだ?降水確率40%、ウーン微妙・・・芋煮会がはじまってこのかた一度も雨に降られたことがなかったのにィ、とどきどきしていたけれど、日に日に天気予報は上向きにかわり・・・31日は雲が多めながら(2,3粒時雨はきたものの)、一応の晴れとなりました!こどもたちが小さくて、以前のようにミニ運動会やウォークラリー、というわけにはいかないけれど、いつもの原っぱでいつものようにあそんでいる様子をおうちの方に披露することができました。(どうしてズボンのおしりに穴があくのか納得してもらったみたい!)ちいさい子たちのあいだには、やたらおおきくみえる卒園児がいて、彼らなりに旧交を温めながら賑やかに盛り上げてくれました。そして、いよいよお食事タイム(このころには陽も差してきて)、持参のおむすびと、山形風、仙台風、二種類の芋煮をおなかいっぱい食べました!ことしはおまけに炭火でじっくり焼き上げたお芋付(Hちゃんのおじいちゃん、上手ゥ!)で満足度120%。食べて遊んで、楽しかったねぇ。また、来年!在園児がすくなくなると準備をするあおぞら会の仕事も大変です。準備も、食べるのも両方楽しんでくださるおかあさん、おとうさんが増えてくれると嬉しいな。ビール片手に、芋煮つくりをしていたおとうさんたち、楽しそうでしたよ、次回はこんな親の方の楽しみ、味わってみてくださいな!!


 

2015-10-10 タイトル


何処からか桜餅の香りがしてくる道、この辺に山桜、あったかな?でも、いい感じの香りです。原っぱでは草がすこしずつ黄色に変わってきました。10月もなかばにさしかかり、秋が深くなっています。

☆ 収穫の季節です!保育園の壁も秋の実りでいっぱいです。0才さんたちが嬉しそうにさわっています。とくにりんごがお気に入りのようですよ。この頃、りんごもいろんな品種が出回って、名前もいろいろ、保育園ではあまりパリパリしたのは食 べにくいのか、すこしやわらかめのが受けています。「みのり」といえば、2才児クラスがうえたトマト、そろそろおしまいだね、ということで抜いてしまいま した。あおいままで枝についていた実はとりあえず採りましたが、さてどうしよう?ひとりは赤くして食べたい、ひとりは漬物にしたい・・・一度とった実って 赤くなるのかなぁ?半信半疑で網に入れ、日当たりの良い窓辺に吊るしておいたら、まぁ、見事に赤くなりました!太陽の力は偉大です!!残りはマリネにしてパクパク、青いトマトもすてたもんじゃないですね!

もっとおひさま原っぱニュースを見る