のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園


自然に触れ、自然を感じて、思いきりからだを動かすことによって心身ともに健康なこどもに育って欲しいと願っています。
保育園の名前は、ぐりとぐらの作者、中川李枝子さんの作品のひとつ「おひさまはらっぱ」からいただきました。
自然がいっぱい、のんびりした時間が流れる陽だまりのような“おひさま原っぱ”にみんな、遊びに来てください。

2014-09-21 タイトル


すっかり秋めいてきました。ここ数日の空のきれいなこと!日差しは強いものの、風はさわやかで気持ちがいいですね。原っぱには彼岸花がぴょこぴょこ生えてきて、その赤い茎をこどもたちが楽しそうに折り取っているらしい(わたしは食事つくりで現場を見ていないのですが)、力いらずで面白いようにポキッとおれるのが魅力なんでしょうね。いつもはもっと川に近い草地に生えるのに、ことしは上のほうの草地まで版図を広げてきた彼岸花、勢力拡大が彼岸花一族にとって吉と出るか、凶とでるか、うちの子たちにかかっているようです。

★ 金曜日、ひさしぶりの造形教室です。「3才になった」こどもたちのみの参加にしたので、4人と、ちょっとさびしかったのですが・・・先生にお願いしてひとりひとり作品として完成させるのではなく、みんなで楽しくつくる、というのを主な目的にしていただきました。。木灰のような粉が今回の材料、触った感じは?水をいれてみようか、こねるとどう?お団子みたいになったよ!へび作った!いつもつかっている油粘土とは全然ちがう、手触りにちょっととまどいながらも、こねたり、踏んだり、上から落っことしてみたりしているうちに、手も足も服も粉をふいたようにまっしろになってしまいました。さぁて、次はなにをするのか、楽しみ、楽しみ!!

★ 今日もいい天気!夏には水量が多くてできなかった川遊びを楽しんできました。ほどよい加減の水で、岩がちょうどよくあらわれているので、こどもたちが岩を伝って歩いたり、ちょっと水にはいったりするのに最適!1才児クラスもご機嫌であそんできました、なかなかに大胆でバシャバシャ川に入る子もいて、頼もしいかぎりです。葉っぱを上手に流したりしてかわいかったですよ。2,3才児はさすがに岩のうえを歩くのも慣れたもので、危なげがありません。草の茎をたらして魚釣り、なんていつもながらのどかでいいよね。あちこちでメダカの群れも泳いでいたりして川遊び、満喫の日でした。

 

2014-09-11 タイトル


雷と大雨!自然災害にはあまり縁がないと思っていましたが、宮城県にもきましたね。車軸を下す、とか、滝のような、とか、バケツをひっくり返したような、とかいろいろな形容がありますが、結構降りました!、鴉よけに植木鉢にさしている風車が猛烈な勢いでまわっていたので、風も強かったのでしょう。雨も風も雪も、これでもかっていうくらいの規模でくるこの頃、変な世の中になりましたね。こわい、こわい・・・

☆  9月10日(水) 今日の保育

ヘリポートに大きな紙と絵具をもっていって「絵具で遊ぼう」開催。“手や足も使って描こう”という森先生の合図で、まずは準備運動!!そして筆を持って「かきかき」スタート!!はじめは筆で地味に描き出すも、一人が手で、一人が足で描くと、あっという間に、全身絵具まみれ(笑)腕をむらさきにしてウルトラマンコスモスに変身するHくん、でも最後の方はアバターみたいだったけどね。たっぷりピンクがついた手をほっぺにあててピンクレンジャーになるRちゃん。ほかにも職人のように手で紙に絵具をぬりこむ子もいて、楽しく絵具まみれになって遊べました!!洗濯物増えてしまうけど、またやらせてね・・・おかあさん                                       (聡子記)

☆ 前回、アナと雪の女王の主題歌の話をしましたが、もっとすごい歌を歌ってるのがいました。本人にはこんなふうに聞こえるんだね、でも初めて聞いたときは、吹き出してしまいました。“ありのーたまごー”っていうんだよ、かっわいい!

 

もっとおひさま原っぱニュースを見る