のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園


自然に触れ、自然を感じて、思いきりからだを動かすことによって心身ともに健康なこどもに育って欲しいと願っています。
保育園の名前は、ぐりとぐらの作者、中川李枝子さんの作品のひとつ「おひさまはらっぱ」からいただきました。
自然がいっぱい、のんびりした時間が流れる陽だまりのような“おひさま原っぱ”にみんな、遊びに来てください。

2015-05-02 タイトル


☆ 桜の時期は寒かったけど、いきなり暑くなって、以後好天続き!原っぱに日参しては泥んこ遊びに興じているこどもたちです。あたらしく入ってきたこどもたちもどうにか慣れて、泥んこを楽しむ余裕もでてきたようです。川の水を汲んできては泥んこをつくり、足でばしゃばしゃしたり、こねこねしたり、自分たちも泥饅頭みたいになっているのですが、あんまり気にならないようです。たまにいるんですよ、汚れるのがイや、という子が!おかあさんにもいますねぇ、泥んこ汚れに拒否反応という方が。でも「泥んこ汚れ、大歓迎!」というおかあさんたちで良かったぁ!(いつもお洗濯、ありがとうございます。

4月に雨が多かったせいか、原っぱの草の生育状況は良好です。クローバーもぐんぐんのびて、原っぱのみどりがいっそう濃くなりました。カラスノエンドウはまだ莢がわかくて、こどもたちの好きな「豆」をとるには早すぎますが、たんぽぽは綿毛の時期。フーッ、としたい気持ちはあるんだけど、まだ技術がともなわず、唇にくっついてしまうのが難点です。どこからか鶯のこえもして、いま原っぱは最高(!)です!

どろんこになるのはこどもばかりではないので、なかなか写真をとる余裕がありません、今回、写真はパス、です。 

 

 

2015-04-18 タイトル


早々と咲いたさくらが、寒さでまだ持ちこたえています。風が強かったし、温度が上がったしで、明日あたりは花吹雪かな!この春の原っぱは、去年より緑が濃くみえます。クローバーのはっぱが元気だからね!からすのえんどうや、たんぽぽ、こどもたちが遊ぶことのできる野の草も今、ぐんぐん育っているところ、春たけなわです。

☆ 2才さんはいまひとりぼっち、ちょっと寂しいけれど、毎日ゆき子先生と楽しく過ごしています。この間はお花見遠足にいってきました。大きなお弁当箱にぎっしりの、お結びや、唐揚げや、煮物、ミニトマト…うれしくて、あそびも上の空だったらしいですけどね。でも、不思議なことがあったんですって!“はだかのおじさんがいる!”突然言い出したCちゃん。ぷちんとつぶせるくらいの小さいおじさんだったらしいです。大人のゆき子先生にはみえなかったけれど、ひょっとして『妖精』?それとも、原っぱの草の中に借り暮らしの小人の一家?ね、不思議なはなしでしょ?

 

もっとおひさま原っぱニュースを見る