のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園


自然に触れ、自然を感じて、思いきりからだを動かすことによって心身ともに健康なこどもに育って欲しいと願っています。
保育園の名前は、ぐりとぐらの作者、中川李枝子さんの作品のひとつ「おひさまはらっぱ」からいただきました。
自然がいっぱい、のんびりした時間が流れる陽だまりのような“おひさま原っぱ”にみんな、遊びに来てください。

2014-11-19 タイトル


恒例のバザーとオープンハウスは

     12月6日(土) 9:30~12:00です

11月も後半にはいってきました。朝日をうけて透き通るような紅のもみじ、風が吹くと、まるで雨のように降ってくる柳、金色に輝く銀杏や、オレンジ色のメタセコイアの梢、歩道をくるくると舞う褐色の欅、さまざまないろにあふれた晩秋の景色ですが、ことしは鮭の姿をみることができません。遡上が遅れているのか、川の水量がすくなくてのぼることができないのか、(広瀬川が小川のようになったあたりですから)いつもの流れのそばを通るたびのぞいてみるのですが、鴨の家族が驚いて逃げ出すばかり・・・どうしたのか、気になります・・・

☆ ことしも焼き芋パーティ、できましたよ!3時のおやつに合わせるのでお昼寝を少し早めに切り上げ、眠い目をこすりこすり。ついついぐずぐず、だらだらになりがちで、去年は参加できない子もいたんですけど、今年は何とか大丈夫でしたね。場所は芋煮会をする河原、ドラム缶のなかではみんなであつめた桜の葉がボンボン燃えて、お芋もほどよい焼け具合!こどもたちもひとりひとりお芋を火の中にいれ、葉っぱも放り込んで、気分は焚火の主催者です。ホクホクのお芋をほおばって、アチチチしながらも、しっかりおかわりしてました。火を怖がる子もいるけれど、今年は割合平気で、焚火に手をかざしたりもできていました。珍しくあたたかい日で河原も快適、焼き芋パーティ大成功!でした。(あっ、赤ちゃんクラスも保育園で待機、とどけてもらったお芋をパクパク食べたそうです。)

2014-11-05 タイトル


急に寒くなりました。時雨れることも多くなって、さすが11月です。今日は雪虫もとんでいたんですって!朝や夜、こどもたちの数が少ないと、保育園は何だか寒くなるようです、普段、こどもたちの体温で温めてもらっているんですね。今夜も3,4人になったあたりで、暖房をいれました、あら、なんだかあったかい!あったかくなって、ますます動きが大きくなっていきました。いい月夜、霜注意報がでているそうです!

 

 今月の歌

ころりんたまご

1.ころりんたまごが おりこうで ころりんしてたら ひよこになった

2.ぴよぴよひよこが おりこうで ぴよぴよしてたら こけこになった

3.ころりんぴよぴよこけこっこう こけこがないたら よがあけた

☆ 先月末、2回目の造形教室。河原にいってみんなで石を拾ってきて、その石にマジックペンや絵の具で顔をかきました。なかなか上手でどことなく描いた本人に似ています。でも問題はそのあと、せっかく描いたのに、すぐに絵具で塗りつぶすんだもの!筆をつかう面白さが最優先なんですよ!!それもまた、楽し、みんな、おもーい石のはいった袋をうんこらしょ、とかついで帰りました。

☆ 風が吹くといっせいに葉っぱが散っていきます、まるで雨みたい!ほら、みてごらん、葉っぱの雨がふってるよ!あっ、葉っぱが追っかけっこしてるよ!葉っぱ、おどってるね!保育者たちの言葉をしっかり覚えているこどもたち。おかあさんたちにも、すぐに応用してみます、はっぱのあめがふってるよ!こどもたちのくちから出ると、一層詩的にきこえませんか?

 

もっとおひさま原っぱニュースを見る