のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園


自然に触れ、自然を感じて、思いきりからだを動かすことによって心身ともに健康なこどもに育って欲しいと願っています。
保育園の名前は、ぐりとぐらの作者、中川李枝子さんの作品のひとつ「おひさまはらっぱ」からいただきました。
自然がいっぱい、のんびりした時間が流れる陽だまりのような“おひさま原っぱ”にみんな、遊びに来てください。

2018-06-22 梅雨真っ最中


今年の梅雨は陽性なのだとか・・・
今日はきれいな青空になりました、こどもたちは元気にお散歩です。雨の日は雨の日なりに、楽しそうに遊んではいますが、
やっぱり外で駆け回っているのとでは、ちがいますよね!
先日の雨上がりには原っぱで泥遊び、どろんここねこねで
自分も泥団子になっていた子もいて、それもまた楽し!!
まぁお洗濯をするお母さんには、ちょっぴり申し訳ないのですが・・・。
ある雨の一日は、広告紙をびりびり破いて雨のように降らせたり、体中にかけてもらったりして、きゃあきゃあ遊んでましたっけ。尤も

びりびりするの、みなさんあんまり得意じゃないみたいでしたけどね!上手だったのは1才児のMちゃんかな・・・

あこがれの絵の具を使っての制作も、雨の日にはじっくりできるし、しばらくは雨と愉快にお付き合い、ですね。
でも、夏至の日、晴れて夕方が長くて、おまけに夕焼けだったりすると、なんだか得した気分になるのはなぜでしょうね。
(えっ、これからは日が短くなるんだ、と考えてしまうのは
しばらくやめておきましょう・・・)
写真はこどもたちのかたつむり、モビールの一部もこどもたちが絵の具を付けました。晴れた日、雨の日、それぞれの様子もごらんください。

2018-06-05 そらまめくん


梅雨も間近になりました。
日は射しているものの、重たそうな雲が空をおおっています。
そろそろ雨になるのでしょうか?
今日の2歳児さんには、またもやお楽しみがまっていました。
絵本の「そらまめくんシリーズ」は本棚に入っていますが
登場したのは、なんと本物の空豆でした!
大きな莢に入った豆をみせてもらい、中のふわふわのそらまめくんのベッドにもさわらせてもらいました。
なんとなく緊張気味で言葉少なでしたが、
自分たちで莢をむいて中の豆もとりだしました。
おおきなまめをとりだして、くんくんしてみたり、
つるつるの豆にさわってみたり・・・。
今日のおひるには、茹でたそらまめくんが登場します。
どんな味かな?気に入るかな?食べてみるのが楽しみだね?

もっとおひさま原っぱニュースを見る