のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園


自然に触れ、自然を感じて、思いきりからだを動かすことによって心身ともに健康なこどもに育って欲しいと願っています。
保育園の名前は、ぐりとぐらの作者、中川李枝子さんの作品のひとつ「おひさまはらっぱ」からいただきました。
自然がいっぱい、のんびりした時間が流れる陽だまりのような“おひさま原っぱ”にみんな、遊びに来てください。

2016-08-11 タイトル


帽子のなかで風のおとがします。葛の花のかおりがかすかに漂い、のうぜんかずらや百日紅が今まっさかり・・・じりじりした陽射しはまだ夏のものだけど、空の色、風の感じは秋をおもわせます。ひぐらしのこえももうほとんどきこえなくなってしまいました。ぽつりぽつりと夏休みの子がいて、保育園もなんとなくお休みムード、このところ全員出席という日がないので、結構静かですよ!ブロックが使いたい放題なので、ブロック愛好家諸君は腕があがりました、あたまに描くイメージがあるので、なまじ手伝わない方がいいみたいで時間をかけて、じっくり作っています。やっと満足のいくものができたときの、嬉しそうな顔ったらありません。「すごーい、やったぁ!だれがつくったの?」「サト!」せんせぇ、作って、じゃなくて“じぶんで”がいいなぁ!ブロックってむずかしいですよ、形が決まっているので、なかなか思い通りにならないし、バランスが悪いとくずれるし・・・。まだ1才、2才なのに、すごいなぁと思います。

写真はあしたね。といってからずいぶんたちました。上は梅を干す準備中!申し分ない日差しでおいしい梅干しになりそうですよ。おまけにゆかりもできちゃった!

下のブロックの力作、ごらんください、すごいでしょ?集中力には感心してしまいます。

2016-08-07 タイトル


あっついねぇー、が挨拶代わりのこのごろ、かんかん照りの屋根の上に梅干しをほし、人形たちを丸洗いにしておなじく屋根にならべ、強い日差しを最大限に利用しています。ことしの梅干しはきっといい出来になるでしょう!紫蘇もほして「ゆかり」にしようとしているところなのですが、これがなかなかにこどもたちに人気で、すこしづつ口にいれてもらうのを、順番をつくって待ってます。まぁ、この暑さですから塩分補給にいいかもしれません。毎日毎日、水遊び!時々、かきごおりをつくってもらったり、色水をこおらせてプールに入れて遊んだり、夏を満喫しているこどもたち、そのあとにお昼寝が待ってるっていうのが、うらやましい・・・!

 

 

もっとおひさま原っぱニュースを見る