のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園


自然に触れ、自然を感じて、思いきりからだを動かすことによって心身ともに健康なこどもに育って欲しいと願っています。
保育園の名前は、ぐりとぐらの作者、中川李枝子さんの作品のひとつ「おひさまはらっぱ」からいただきました。
自然がいっぱい、のんびりした時間が流れる陽だまりのような“おひさま原っぱ”にみんな、遊びに来てください。

2015-07-10 タイトル


今日は久しぶりにきれいな青空が広がりました。暑いひざしをさけて、大きな柳の木の陰、傾斜になった草はらであそんできました。草丈のせいか、ちいさいさんたちは、えっちらおっちら、なかなか進めなかったりするんですけれど、そこはやさしいおねえさんたち、手をひいてくれたり、色々気遣いしてくれるんだよ。ちいさなバッタが飛び始めているから、掴まえにいったり、石をもちあげてダンゴ虫をさがしたりね。たのしいんだー!聡子先生にだっこしてもらって、木にだきついて蝉にもなったし、いつもとはちょっと違った遊びができたかな。おひさまは暑かったけど、風が吹いて、蛙がないて、川の音がきこえて、なんだかとっても気持ちの良い日でした。梅雨明けは・・・まだまだみたいですけどね!

 

 

2015-06-29 タイトル


いよいよ梅雨の季節、ずいぶん遅い梅雨入りです!梅雨入りしたばかりでなんですが、さて、梅雨明けはいつになるのか、きになります。梅雨明けの発表のないまま秋になったこともありましたよね、今年はどうなのか・・・梅雨にはいったとたんに、カナカナがなきだしました。前からエゾハルゼミはないていたのですが、カナカナは格別です。あぶらぜみやみんみんぜみのような、迫力にはかけるけれど、しみじみと郷愁を誘う趣があります。夏の終わりの印象がありますが、意外にはやくからないている、とわたしはおもうのです。

☆ 1才児クラスのこどもたちがカエルの制作をしました。まーるい目、ほそい目、大きな口やへの字の口、横殴りの雨やしとしと雨のなかで、なんだか楽しそうなカエルたちが並んでいます。1才児さんならではの愉快な制作、おもわず頬がゆるんでしまいそう・・・不思議とかいた本人に似ています!

☆ 小麦粉、卵、牛乳を使うことができなかった去年、今年度は小麦粉解禁、牛乳も卵もOK、ということでおやつ作りが楽になりました。といいたいところですが、これでなかなか面倒です。皆さん、好みがうるさくて・・・。去年のこどもたちが大好きだったくずもちや、わらびもちは苦手、見た目や舌触りのチェックも厳しいしね。ほんと、いろいろむずかしいんですよ!思いがけないものが好きだったりしてびっくりすることもありますし・・・思いがけないといえば、結構苦みのあるグレープフルーツの愛好者が多いというのも不思議、お昼のデザーにたすかってます!

☆ やっと写真です。ぐずぐずしているまに2才さんの丹精(?)のトマトが見事に熟れました。赤と黄色!黄色の方が甘いんですって。1才さんもお相伴して、おいしくいただきました。でも、からすにはご用心、ねらってますからね、おいしいところ、どうやってわかるんだろ?

おひさま原っぱのバザーは

      7月25日(土)9:30~12:00です。

 

 

 


 

もっとおひさま原っぱニュースを見る