のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園


自然に触れ、自然を感じて、思いきりからだを動かすことによって心身ともに健康なこどもに育って欲しいと願っています。
保育園の名前は、ぐりとぐらの作者、中川李枝子さんの作品のひとつ「おひさまはらっぱ」からいただきました。
自然がいっぱい、のんびりした時間が流れる陽だまりのような“おひさま原っぱ”にみんな、遊びに来てください。

2016-03-02 タイトル


1ヶ月半の合宿生活も、ようやく終了!今日はお引越しでした。やれやれです!みんな一緒もいいけれど、やっぱり慣れた保育園でほどよくわかれて暮らすのがいいですよね!台所とトイレ、水回りの改修のみだったのですが玄関を開けると「新しい家」のいいにおい、なんだか嬉しくなってしまいます。ただいまぁ!”と帰ってきたこどもたち、久しぶりの保育園にすっかり興奮状態、まぁその賑やかなこと、はっきり言って、うるさぁい、という感じでしたけど・・・。一応完成したものの、まだそろわないものもあり、台所なんかしっちゃかめっちゃか!いろんなものをしょっちゅう探している状態で、まだ落ち着かない日々が続きそうな予感です。でもなにはともあれ、一安心、おかげさまで、という気持ちです。

 

2016-02-17 タイトル


雪の舞うさむい日になりました。温度変化についていくのも大変だけど、ひところよりは、風邪症状も落ち着いたかな?とおもいます。集会場での合宿{?}生活、まだ続いていますよ、もうかれこれ一ヶ月、雑然としたごちゃまぜ保育にも慣れ、0才児クラスが1才児クラスの真似をしたり、その逆だったり、不思議と悪いこと中心にマネをするという、困った現象もでていますけどね!集会場に必要最小限の荷物を持ち込み、足りないものはその都度、保育園まで取りに行く、という暮らし、徒歩何十秒という近距離ですが、度重なると結構疲れます。毎晩、水抜きをしていても、朝になると凍って“水、でない~!”という騒ぎになったり、水抜き栓を開けた途端、ものすごい勢いで水が出てきて、朝っパラから拭き掃除をする羽目になったりと、久しぶりに不便生活(アッ、お湯もでません)昔はあたりまえだったんですよねぇ。保育園の改修工事終了予定の2月末が待たれます・・・!


 

もっとおひさま原っぱニュースを見る