のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園


自然に触れ、自然を感じて、思いきりからだを動かすことによって心身ともに健康なこどもに育って欲しいと願っています。
保育園の名前は、ぐりとぐらの作者、中川李枝子さんの作品のひとつ「おひさまはらっぱ」からいただきました。
自然がいっぱい、のんびりした時間が流れる陽だまりのような“おひさま原っぱ”にみんな、遊びに来てください。

2016-06-16 タイトル


梅雨です・・・なかなか外でまとまった遊びができにくい!ちょこと出かけてさくらんぼをあつめてくる、位はできるのですが・・・でも、昨日今日と晴れましてねぇ、外遊び楽しんできました。今日は久しぶりに川までいって、オタマジャクシと戯れてきたらしいです。めだか、か なんかはっきりしないちいさなちいさな魚が群れている岸辺(毎年というわけじゃありませんが)のあたりだったのかな、おたまじゃくしの群れは珍しいね。無事に蛙になるかしら!さて、あしたの天気はどうかな、外遊びができるといいんだけど・・・体力を持て余してしまうから!

原っぱは草刈がすんでさっぱりしました。そのうち、とってこようと思っていた太いいたどりも切られてしまいました。笛をつくろうとおもっていたのに、残念!まあ、下草が茂り放題では、蛇がかくれているかもしれないものね、仕方ないか。さっぱりきれいになった原っぱで明日もあそぶことができますように!

可愛い写真をおみせしようとおもったのに、昨日から不具合が続いています。今日もまだなおりません。また別の機会に、ということにしましょうか・・・

2016-06-06 タイトル


あらあら、いつの間にこんなに経っちゃったんでしょ、もうとっくに6月ですよ!もうまもなく梅雨にはいるんでしょうね。このごろ、熊出没、のニュースをたびたび聞きますが、自然豊かなこのあたりでもさすがに熊は出てこないようです。もっとも霊屋にいるんじゃ、わかりませんけどね・・・あ、でも先週、川原で蛇の抜け殻見っけ!で、恐いものみたさで見学しました。桜の実や、桑の実が熟れ、イタドリがぐんぐんのびて、原っぱはいい感じ、暑からず寒からずの今の季節、あそびにも力が入ります!

ことしのこどもたちも本好きです。ひたすら「ぼくのクレヨン」のMちゃんはときどきやたらむずかしい本をもってきます、「それは高望みというものよ」といわれ、しぶしぶ退散ということもあるけれどね。はんぶんこしてください、などと膝に座り込み、黙っていればいつまででも読んで読んで、ととめどの無いこどもたち。ま、本好きはいいよね、ひとりで読めるようになっても、本、大好き、でいてほしいな。そしてことしもでました、昔、30年位前のNHKの幼児番組の絵本!いやだいやだのヤダモン、だのくいしんぼうのモグモグ、だの、ちらかしやのポイットだの、妙に親近感のわくキャラクターの出てくるおはなし、好きですねー、こどもたち。自分にかさねあわせているのかもしれないねー。みなさん、ご存じですか、ヤダモンたち?

 

 

 

 

 

もっとおひさま原っぱニュースを見る