のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園


自然に触れ、自然を感じて、思いきりからだを動かすことによって心身ともに健康なこどもに育って欲しいと願っています。
保育園の名前は、ぐりとぐらの作者、中川李枝子さんの作品のひとつ「おひさまはらっぱ」からいただきました。
自然がいっぱい、のんびりした時間が流れる陽だまりのような“おひさま原っぱ”にみんな、遊びに来てください。

2016-12-19 タイトル


はやばやと雪が降ったかと思えば、1ヶ月も後戻りした暖かさ、どうなっているのでしょう?風邪もひくわけですよ!・・・もうあとわずかで今年もおしまい、何かとあわただしい時期ですね。今週はクリスマス会もあったりして、余計にせわしない気分になります、まぁ、こどもには関係ないことで、目下の関心はサンタクロースの赤いノートに名前がのっているかどうか、でしょうかね。もしかして、黒いノートに名前があったりしたらさぁ大変、伝説のヨンタさんがやってきて袋に入れられちゃうというのですから・・・。いまのところ、ちょっと心配なひともいないじゃない、ということですが、サンタクロースの来る日までにはきっと赤いノートの方に、しっかり名前がのると思います。幼稚園も年長クラスともなれば、サンタクロースに疑いをもつ子も増えてきます。サンタクロースなんていないよ!これに猛反撃したのは卒園児のKちゃん。絶対いるよ、わたし会ったもの!保育園のクリスマス会、サンタクロースと一緒の写真を証拠に持っていったんですって、かわいいねぇ!・・・もうしばらくは信じていてね。大きくなっても信じていた頃の思い出は、きっとキラキラしてると思うよ。さぁ、おひさま原っぱのこどもたち、もうすぐサンタさんに会えるかな?

2016-12-03 タイトル


12月とは思えないようなあたたかな日でした。「雪虫」ってなぜか暖かい日に飛んでいるような気がします。真っ白い、ふんわりやわらかそうな雪虫がアブラムシの仲間だって、ほんとでしょうかね!なんだか幻滅です。しばらくHPの更新もしないでいたら、いつのまにか12月になってしまいました。来月の今頃はお正月、はやいですねぇ・・・びっくりしてしまいます。今日はバザーとオープンハウスでした。卒園生がかよっている学校や幼稚園などが「行事」というところも多く、どれだけのお客さまがあるかと心配でしたが、お天気に誘われたのか、なかなかの盛況でほっとしました。毎年、クリスマス関連の製作をしているので、楽しみにしていてくださる方も多いようです。今回は、紙コップのツリー、、プレゼント用の箱、ポプリのケーキのみっつをつくりました。みんな、一生懸命、上手につくりましたよ。お家に飾って、クリスマス気分をもりあげてくれるといいな!みんなで集まってわいわい楽しく手を動かしたり、おしゃべりしたり、そんな時間がとても有意義に思えます。保育園を続けていてよかったなと思えるひとときを、ありがとう!!

もっとおひさま原っぱニュースを見る