のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園


自然に触れ、自然を感じて、思いきりからだを動かすことによって心身ともに健康なこどもに育って欲しいと願っています。
保育園の名前は、ぐりとぐらの作者、中川李枝子さんの作品のひとつ「おひさまはらっぱ」からいただきました。
自然がいっぱい、のんびりした時間が流れる陽だまりのような“おひさま原っぱ”にみんな、遊びに来てください。

2016-09-17 タイトル


天気予報はずらりと傘マーク、うっとうしいことですね。まぁ、それでも晴れ間には、赤とんぼが飛び交い、草むらからは虫の声・・・秋ですねぇ!この間、今年最後になるかな、というプールあそびをしました。お天気はイマイチの夏でしたが、そのわりには今年もせっせとプール、しましたねー、あきもせずよく遊んだ、遊んだ!さすがにプールの水が冷たくなって、ぶるぶるっとくるので、水遊びならぬ、お湯遊びがしめになりました。もっとも雨上がりの緑地は、土の部分に水たまりができ、格好の遊び場!泥んこの中をかけまわったり、おだんごつくりをしたり、泥まみれになって遊んだあとは、蛇口にホースをつなぎ、お湯シャワーできれいにするので、相変わらず水遊び(お湯遊び)からは縁がきれないのですけどね。

新し物好きのこどもたち、本箱に見慣れない本がでてくると、しばらくはそればっかり持ってきて、「読んで!」先週あたりは、「どんぐりずもう」とか「にゃんころりん」とか「ばななくんがね」がお気に入りでしたが、やっぱり『古典』からも離れぬことができないんですね。うんとこしょ、どっこいしょ、の「おおきなかぶ」、みんな大好きです。おおきなかぶになった先生を、うんとこしょ、どっこいしょ、と引っ張る「おおきなかぶごっこ」で盛り上がっています。原っぱにいってもまわりに生えている草をうんとこしょ,ちからしばだったりすると、なかなか抜けないんですけどみんなめげずにやってます。草取り競争かなんかがあると、好成績がとれるかもしれません!

 

2016-09-06 タイトル


暑い日が続いています、蒸し風呂のよう、といいますがほんとにそんな感じですね。おかげで相変わらず水遊びを楽しんでいます!絵具をつかって、外で思い切り造形遊びをしよう、という計画がなかなか実現できないでいたのですが、この間やっと実行しました。お休みもいたけれど、みんな裸足で絵具だらけで、はしゃいでいたのに、なんとご近所さんで蜂の巣の撤去作業!蜂がとんできたらあぶないから、と作業のおじさんがわざわざお知らせにきてくれて、残念ながら撤退を余儀なくされました。ずいぶん離れていたんですけどねぇ、刺されても責任もてない、といわれまして・・・。ま、ちょっとだけでも楽しめて良かったね!そうそう、先日、拾ってきた栃の実、やたら気に入ってくれた子がいました。笊に入れて持ち歩いています。すべすべして、気持ちいいのねぇ、などと大人が言っていることを繰り返しながら、なでていますよ。「栃の実坊や」なんていわれてますが、ほんとのところは食べてみたいんでしょうね。でもあく抜きの手間をかんがえると・・・遊んでてもらいましょう、やっぱり!

もっとおひさま原っぱニュースを見る