のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園


自然に触れ、自然を感じて、思いきりからだを動かすことによって心身ともに健康なこどもに育って欲しいと願っています。
保育園の名前は、ぐりとぐらの作者、中川李枝子さんの作品のひとつ「おひさまはらっぱ」からいただきました。
自然がいっぱい、のんびりした時間が流れる陽だまりのような“おひさま原っぱ”にみんな、遊びに来てください。

2017-06-13 原っぱの見通しがよくなりました


不安定な天気が続いていても、梅雨はまだ、なんですって!ちょうどお散歩の時間帯ににわか雨が降ることも増えてきました。でも今日は、お散歩日和。原っぱの草刈りがいま最高潮で、あこがれの「かいたい機」もせっせとお仕事中、かいたい機に魅入られたように眺めているこどもたちです。なぜにかいたい機に、心惹かれるのかよくわかりませんが、まだ当分、かいたい機の活躍を見ることができるようです!空にはヘリコプター、原っぱにはかいたい機、みるものがいっぱいでよかったね。原っぱにいっていいものを見つけると、たからものを入れるポリ袋が登場します。摘んだ花だったり、枯れた草、木の枝、なんてこともありますがきょうHくんが集めていたのは石、なかなか好みがむずかしく大きい、小さい、模様、色、気に入ったものを集めるのは大変そうですが、帰りにはずっしり重い袋を大事そうにぶらさげていました。新しい年度がはじまって2か月半、遊び方もちょっぴりお兄さんお姉さんになったように感じます。

2017-06-05 きょうも遊んだよ


この間までの暑さはどこへやら、風がふくと寒いくらいのここ2,3日、でも今日はぽつぽつ降る雨をおしてお散歩に行ってきました。幸い、すぐに止んで緑いっぱいになった原っぱで楽しく遊ぶことができました。カラカラ天気が解消したせいか、原っぱは柔らかい白やあかの爪草の花、黄色いブタナの花でいっぱい!走っても、あるいても、やわらかくて気持ちのいい感触が伝わってきました。早速、クローバーをつんで花輪を作ってあげようとしたのですが、2歳クラスの女の子には受けなかったようです。もう少し大きい女の子たちだと、冠だの腕輪だのと、きりなく欲しくなるんですけどね!そのかわり人気だったのが、いたどりのはっぱのお面。おばけー、と、かぶせられそうになる度にあたふたと逃げ出す、気の弱い男の子もいましたが、いつまでも取りたがらない1歳さんもいて、これは当分続きそうですね!土手のところには、いままではなかった小さな桑が生えていて、さっそくお味見を試みたひとも、数名・・・まだ全然熟していなかったので、あまりおいしくなかったと思うのですが!小さい小さい桑の木で、どうやら根っこごと抜いてしまったらしく、今日でおしまいになってしまいました、残念だったね!まぁ、でも原っぱにはまだまだ桜の実(あえてさくらんぼとはいいませんが)や、のばらがあって、梅雨入り前のこの季節いっぱい遊べそうですよ

もっとおひさま原っぱニュースを見る