のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園


自然に触れ、自然を感じて、思いきりからだを動かすことによって心身ともに健康なこどもに育って欲しいと願っています。
保育園の名前は、ぐりとぐらの作者、中川李枝子さんの作品のひとつ「おひさまはらっぱ」からいただきました。
自然がいっぱい、のんびりした時間が流れる陽だまりのような“おひさま原っぱ”にみんな、遊びに来てください。

2017-06-16 雀のお宿?


昨日の夕方、換気扇を止めると、どこからともなくピッピッという音が・・・・。空耳?それとも耳鳴り?、音に気付いた先生が首をかしげてやってきました。鳥の声、みたいですよね?耳を澄ませて聞いていると、確かに!えー、どこ?1階の屋根伝いに台所の換気扇のあたりにくると、いまは使われていないパイプ状の口のあたりから、紐のようなものが垂れ下がり、引っ張るとピーピーという鳥の声が確かに聞こえるじゃありませんか!中はみえないけれど、どうやら巣があるようです。雀?燕?まさかカラス、じゃないよね。換気扇のあったかい空気がすぐ感じられてしかも安全なところ、いいところ、見ぃつけた、と思ったのかもしれませんね。今朝もピーピー、という声が聞こえています。まぁ、外のことでもあるし、衛生上問題もないのでしばらく様子をみることにしますかね、それにしても、無断で住み込んでいるのはなにもの?やっぱり雀なのかしら?見てみたいです・・・

2017-06-13 原っぱの見通しがよくなりました


不安定な天気が続いていても、梅雨はまだ、なんですって!ちょうどお散歩の時間帯ににわか雨が降ることも増えてきました。でも今日は、お散歩日和。原っぱの草刈りがいま最高潮で、あこがれの「かいたい機」もせっせとお仕事中、かいたい機に魅入られたように眺めているこどもたちです。なぜにかいたい機に、心惹かれるのかよくわかりませんが、まだ当分、かいたい機の活躍を見ることができるようです!空にはヘリコプター、原っぱにはかいたい機、みるものがいっぱいでよかったね。原っぱにいっていいものを見つけると、たからものを入れるポリ袋が登場します。摘んだ花だったり、枯れた草、木の枝、なんてこともありますがきょうHくんが集めていたのは石、なかなか好みがむずかしく大きい、小さい、模様、色、気に入ったものを集めるのは大変そうですが、帰りにはずっしり重い袋を大事そうにぶらさげていました。新しい年度がはじまって2か月半、遊び方もちょっぴりお兄さんお姉さんになったように感じます。

もっとおひさま原っぱニュースを見る