のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園


自然に触れ、自然を感じて、思いきりからだを動かすことによって心身ともに健康なこどもに育って欲しいと願っています。
保育園の名前は、ぐりとぐらの作者、中川李枝子さんの作品のひとつ「おひさまはらっぱ」からいただきました。
自然がいっぱい、のんびりした時間が流れる陽だまりのような“おひさま原っぱ”にみんな、遊びに来てください。

2017-06-28 なりきりさん


どくだみがすごい勢いで繁茂しています。アジサイも咲きそろい本格的な梅雨、という感じですね。相変わらず雨は少ないのですけれど・・・。
朝来るなり、風呂敷を取り出し、片手で掲げるようにして歩いているMちゃん、答えはわかっているのですが、それはだぁれ?ときいてみます。「アナ!」風呂敷のアナと連れ立って、あたまのなかではどんなストーリーが展開しているのかなぁ?前には原っぱで取ってきたながい草を(しかも枯れかかっている)連れていたことも・・・風呂敷だろうが、枯草だろうが、彼女にとっては大事な“アナ”なんですよね、想像力、すごいよね!
夕方、ともだちが少なくなったころ、Sくんが動物園をつくりました。テーブルを1台、境にして「先生はそこからはいっちゃだめなんだよ、そこからみててね」ライオン大好きなSくん、いつも本物みたいに吠えているのですが、今日はどうやら「動物園のライオン」になったようです。ライオンはジャンプも得意なんだよ、といいながらとんでみせたり、本棚のかげでお昼寝したりしているうち、ちょっと寂しくなったようです。先生、入ってきて、一緒に食べよう、と誘うので、わたしもライオンになって動物園のなかに入りました。草を食べるからね、うちのライオンは草食ライオン、ふたりで草を食べました。ブドウ味の草、イチゴ味の草、むしゃむしゃおいしく食べました。食べ終わったらすぐさま、見物人に戻されてしまいましたけど・・・。S君のライオン、何か月続いているのかなー、咆哮はほんとに上手なんですよ
、彼をまねして1歳の女の子もひとり、吠え始めていますよ!
ライオンごっこ、アナ雪ごっこ、まだまだ続きそうな気配です。

今回は写真お休みです!


2017-06-26 夏至もすぎて・・・


なぞの鳥の正体は、すずめでした。餌をはこぶ親鳥の目撃情報もあり、これは確実ですね!今日は反対方向の北側庇附近で、なんだか楽しそうにおしゃべりしているすずめの声がきこえていました。近年、すずめが少なくなった、という話(ほんとですね!)ですが、ことしは数が増えているのかな?
梅雨に入ったとはいえ、結構いい天気が続いています。先週末には、今年初めての泥遊び。泥んこが乾いて白っぽくなった0才児さんたちも、意気揚々とベビーカーに乗せられて帰ってきました。川から水を汲んできて泥んこをつくり、おだんごをつくったり、型抜きをしたり、泥にはちょっと抵抗のある子もいるにはいるけど、泥んこ遊びってやっぱり楽しいよね。すこしずつ慣れてくれると嬉しいな!
泥んこはほんの少し苦手でも、川で石投げするのはだーいすき、探検ごっこもだーいすき!本格的な夏になる前、もう汗まみれであそんでいるこどもたちです。太いイタドリの茎なんぞを担いで帰ってくる様子をみると、つくづく自然児だなー、と思います。でも部屋の中だって、そんな感じ、体操や手押し車できたえているところです。写真はお誕生会の日のひとこまです!

もっとおひさま原っぱニュースを見る