のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園


自然に触れ、自然を感じて、思いきりからだを動かすことによって心身ともに健康なこどもに育って欲しいと願っています。
保育園の名前は、ぐりとぐらの作者、中川李枝子さんの作品のひとつ「おひさまはらっぱ」からいただきました。
自然がいっぱい、のんびりした時間が流れる陽だまりのような“おひさま原っぱ”にみんな、遊びに来てください。

2018-10-12 一雨ごとに、黄葉がすすみ・・・


雨が降ったりやんだりの木曜日・・・
今日はお部屋で新聞びりびり遊び。たくさん破いた紙を集めて投げたり、埋もれたり。自分が集めた紙を、おともだちに横取りされて
もめる場面もありつつ、最後はみんなでブルドーザーやショベルカーになりきって、きれいに後片付けもできました♬
その後、おおかみのお面を作って、みんなでおおかみになって
赤ちゃんのお部屋などお散歩して、最後はちびおおかみみんなで体操♪いつもは怖がるおおかみも、みんなで変身しちゃえば怖くない!!次は、おとうさんおおかみもくるらしいよ・・・!

さて金曜日
今日もすっきりしないお天気だけど、ずいぶん動き回ってきたらしいこどもたち・・・みんな、手を洗い終わるまで“ゆりか
ご”のうたを聞きながら小休止です。
締めくくりは、ちび狼に変身して「森の小道 散歩に行こう
おおかみなんかこわくないよ・・・」ほんとに怖くなかったのかな、おおかみのお面をかぶっていても、ちょっぴりかたい表情の子もいたみたいだよ!おおかみって、楽しさ半分、怖さ半分、なんだよね!!

 一番下の写真、手のひらの上のもこもこはお父さん狼の鼻、らしいです。お鼻を落とすなんて、あわてんぼうのお父さんだね!

2018-10-01 台風一過、その2


すごい風でしたね!
出勤時間には、もう大分治まっていましたが、道には落ち葉、木の枝、が散乱して自転車で通るのは一苦労、木の枝といっても太いし、何本も枝分かれしてるし、結構長いし、暗かったらかなり危険そう・・・国際センターの敷地内では半分折れた柳の木が道をふさいで通れないところもありました。ドイツトウヒが落ちていたので、台風の記念に拾ってきて、保育園のカーテンレールに吊るしています。特大の蓑虫みたいでかわいいですよ。

台風のあと、気温が上がって今日は汗まみれになりそうな一日になってしまいましたが、もう10月!なんとなんと、です!
今月は芋煮会もあるし、お天気には恵まれてほしいものです。

芋煮会は10月27日(土)10時半、緑地集合
(食べ始めるのは、11時半近く、かな)
雨の時には、集会場です!
写真は先日の「えんそくごっこ」のときのもの、と ドイツトウヒです。

もっとおひさま原っぱニュースを見る