のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園


自然に触れ、自然を感じて、思いきりからだを動かすことによって心身ともに健康なこどもに育って欲しいと願っています。
保育園の名前は、ぐりとぐらの作者、中川李枝子さんの作品のひとつ「おひさまはらっぱ」からいただきました。
自然がいっぱい、のんびりした時間が流れる陽だまりのような“おひさま原っぱ”にみんな、遊びに来てください。

2019-05-20 虫探し


ジャンパーもいらないくらい暖かい日が多いこの頃。
原っぱの草花もすっかり大きくなっています。
虫もたくさん出てきて、虫探しに夢中になる子どもの姿も。

ジョギングロードや原っぱに行く度、
「今日はダンゴムシいるかな~?」と楽しみにしていて
ベンチや東屋の側、石の下、草むらの中・・・
色んなところを探し回っては
「あ!いたよ!!ほら!!」と
しゃがみ込んでじっくり観察。

時には捕まえてみたり、手の上に乗せてみたりしながら
触れ合っています!

写真2:男の子たちが虫探し中、女の子はのんびりひなたぼっこ♪
写真3:暖かな戸外で元気に走っている子どもたち

2019-05-10 初夏の風が気持ちの良い日


ながい休みがおわって登園してきたこどもたち。
後戻りして、きっと修羅場!と思ったのに
不思議なほどおだやかで、おりこうさん。
まぁ、すてき!と感心したのは初日だけ
2日、3日とたつうちに、やっぱり戻ってるー、と
なりました!!
そりゃそうだよね、10日も家族と楽しく過ごしたんだもの!
4日目の今日は、だいぶ落ち着いてきたみたいです。
よく晴れて気持ちの良い原っぱへみんなでおでかけ、
いっぱい走って、だんごむしやてんとう虫とおともだちになっておいで!
早々2歳児クラスでは、さっそくトマトとおくらの苗を植え、
お当番表をつくってせっせと水やりをしています。
今にも赤いトマトにであえるような錯覚(期待)でいっぱい、
はやく実がなるといいね・・・!

先日、こんな2歳児さんと同じくらいのこどもたちが
ひどいめにあいました。
どんなに気を付けていても、防ぐすべのない事故が
この頃、多すぎます。
車に乗っている人みんなが、ほんとに注意してくれなきゃ!!
なんともいいようのない気持ちです。

もっとおひさま原っぱニュースを見る