のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園


自然に触れ、自然を感じて、思いきりからだを動かすことによって心身ともに健康なこどもに育って欲しいと願っています。
保育園の名前は、ぐりとぐらの作者、中川李枝子さんの作品のひとつ「おひさまはらっぱ」からいただきました。
自然がいっぱい、のんびりした時間が流れる陽だまりのような“おひさま原っぱ”にみんな、遊びに来てください。

2019-04-22 連休間近


今日は ぽかぽか陽気になりました。
寒さで、ながーく楽しむことのできた桜も、ほぼ葉桜に…
山桜や、八重桜はまだ咲いていますが
もうそろそろつつじの季節なんですね。
柔らかそうなからすのえんどう、たんぽぽ、よもぎ・・・
原っぱも緑があざやかになって、いい感じです。
保育園のチューリップは、はやばやと満開になりました。
植えてくれたひとたちには申し訳ないけれど
保育園のみんなで少しずつ持って帰っています。
人気は紫と、ちょっとかわったピンク!
きれいに咲いてよかった!!今度は野菜を植えなくちゃ!
新しい年度になって3週間、
新入りさんたちもやっと慣れてきました。
1,2才のクラスも、賑やかな旧2歳児さんがいないことにまだとまどいながらもなんとかやってます。
でも、ブロックの需要はグンと減り、絵本を読む回数もびっくりするくらい減少…
赤いざるだけは変わらぬ人気を保っていますが、
遊び方、ずいぶんかわりましたね!
ことしのこどもたちが、どんなことに興味をもっていくのか
連休明けくらいから、みえてくるのかもしれません。
それにしても、10日も休みが続いたら
保育園にこようという気持ちがなくなってしまいそう、
大丈夫かしら?

2019-04-11 寒いねぇ


桜がさいたとおもったら、また冬に逆戻り?
この寒さじゃ、お花見に出かける気にもならないですが、
夜桜見物の準備のできている西公園あたりでは、
寒さにも雪にも負けず繰り出す人たちがいるのかな?

この間、卒園式が終わったと思ったら、もう入園式、
みんな新しいところで、どんなふうに過ごしているのかなぁ、
まさか涙、涙なんてことないよね!
いままでお兄さんお姉さんで威張っていたけど
幼稚園の3歳児クラスは、おちびさんのクラス、
上には4歳、5歳児のクラスがでんといるから、勝手が違うかも
しれないね。赤ちゃん扱いされるかも・・・
でも、すぐ慣れて、楽しくなると思うよ!

かつてこんな風に卒園していったこどもたちの中でも、
小学校や中学校に入学した、高校生になった、“節目の年”
という子ども達がいつもより多かったみたいです。
こんなに大きくなりました、と訪ねてきてくれたりすると
本当にうれしくなります。
保育園を続けていてよかったな、と思うときです。
新しい始まりのとき、みんなファイト!

もっとおひさま原っぱニュースを見る