のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園

のんびりした時間が流れる
陽だまりのような保育園


自然に触れ、自然を感じて、思いきりからだを動かすことによって心身ともに健康なこどもに育って欲しいと願っています。
保育園の名前は、ぐりとぐらの作者、中川李枝子さんの作品のひとつ「おひさまはらっぱ」からいただきました。
自然がいっぱい、のんびりした時間が流れる陽だまりのような“おひさま原っぱ”にみんな、遊びに来てください。

2018-08-16 夏の終わりもみえてきたかな


暑いけれど、蝉の声があまりしなくなりましたね。かわりに虫の声!

日没の時間もはやくなりました。

国際センター駅から地上にでてくる地下鉄、

黄昏時、大橋のあたりからみていると

銀河鉄道めいてちょっとすてきです。

雨上がりの今日は、重たそうな夕焼雲がひろがり、

なんだか18世紀のフランス絵画の雰囲気。

まだお盆休みが続いているのか、交通量も少なく

空を眺めながらのんびりと帰ってきました。

保育園も、このところお休みが多く赤ちゃんもいれて5人、などという日が続いていました。

静か、かといえば、実際のところそうでもないんですけど・・・

明日あたりからそろそろいつものペースになる予定です。

今日は、昼間ザーッと雨が降ってプール遊びができなかったので、

こどもたちは、絵画制作!

ラメ糊をつかって、花火をかくんですって!

でも、さすがに指の力はそれほどなくって

チューブから絞り出すのに、一苦労してました。

力いっぱい絞るとぼとっと固まってでてくるしで、

思うようにならなかったけどキラキラ、ぴかぴかのラメ糊効果で

それなりにきれい!

あっ、今日は練習なんだって、来週、もうちょっと工夫して

夜の空の色の画用紙にかかせてもらうらしいです。

昨日からやりたくてやりたくて、先生とけんか(?)していただけあって、ほんと、楽しそう!!本番はどうなるのかな、期待してようっと!

2018-08-02 きょうも暑かったぁ!


夜が明けるか明けないうちに、つくつくほうしとみんみん蝉の合唱が

始まりました。一日中、蝉たちの元気なこと・・・

カナカナの声が少し弱くなったかな、と思いますが、生を謳歌しているという感じの蝉族です!

昼間どんなに暑くても、夜になるとすっと涼しくなる今までの仙台、

認識を新たにしなければなりませんね、なにしろ37.3度ですから。

 

こどもたちは相変わらず水遊び三昧、気持ち良すぎて、そろそろ

プールから出そうと思っても、妙にはっきりと「イヤッ!」と拒否する

1才児もいたりして・・・通りすがりのおばさんも「あらー、うらやましいこと」と言っていくくらいですから、無理ないか!

昨日は、イチゴジュース色のお水で楽しんでいました。

 

来週は七夕、(あと1週間で、秋ですよ)保育園でも旧暦で、ささやかな七夕飾りを制作中です。今日はおうちに持って帰りますよ。

 

しばらく前から、「はっきよい畑場所」(かがくいひろし作)にはまっているこどもたちのために、今月の壁面はそのものずばり「はっきよい畑場所」です。力士たちのしこ名に精通しているこどもたち、すいかいだ、だいこにしきだ、なすびさとだ、と大はしゃぎです。

かつては「どんぐりずもう」に夢中になっていた先輩たち、伝統は引き継がれています!!

 

 

 

もっとおひさま原っぱニュースを見る